spacer
title

HOME の中の SUSSPENSION SERVICE for MOTARD の中のREAR SHOCK FULL MAINTENANCE

foroffroad
  spacer
d title
油温は最大で120℃、作動スピードは5m/s を超え、オイル量は200cc程という厳しい作動条件にさらされているリアショック。従来は定期的なメンテナンス対象として見られることが少なく、性能回復にはアッセンブリー交換を強いられることも少なくありませんでした。しかし、リアショックの役割はバイクの操安性や安定性に対して非常に重要な役割を果たします。定期的なメンテナンスを施すことにより得られる効果は非常に高く、驚くほどバイクの動きが変わります。Technixでは、ストリートユースで1万キロ又は2年に一回程度のメンテナンスをお奨めしております。
spacer
spacer
point 最新・最良の機器からベストサービスが生まれる
d
まずは異物混入を根本的に排除する超音波洗浄機から
精密なサスペンションの大敵は内部へのゴミ・異物の混入です。それを防ぐために分解工程の前に大型の超音波洗浄機により手やブラシが届かない細部に渡り洗浄します。これにより、分解工程で内部に異物を混入させることもなく、クリーンな状態で分解・点検等次の工程へ移ることができます。クリーンな状態だからこそできる質の高い作業。サスペンションビルダーとしてのこだわりです。
湯温50℃以上に保った、水溶液の中でショックを全て丸洗い。
泥、油汚れを落とすことからメンテナンスが始まります。
   
spacer
spacer
外観洗浄済みのショックを専任の作業スタッフが1本1本手作業分解
習熟した作業担当スタッフが、各部の状態を確認しながら1本1本手作業でばらしていきます。
ただ分解するだけではなく、分解段階から異常・不具合が無いか確認することで、その後の工程へスムースに移行できます。
d d d
     
d d d
spacer
spacer
パーフェクトなエア抜きを可能とするショックバキュームポンプ
従来の手作業にて行われるエア抜きではショック内部に残るエアを排除することは不可能に近く、中には手作業よるエア抜き自体不可能に近いものもあります。そこでこのショックバキュームポンプを使うことによりショック内部を真空にし、真空状態の中にオイルを送り込め、内部のエア混入はほぼ皆無となります。このバキュームポンプによりエア抜きされたリアショックの作動感は秀逸の一言に尽きます。
d d  
ショックアブソーバ専用のバキュームポンプ。
弊社には2台完備されております。
   
spacer
spacer
spacer
d
多くのメーカー製リアショックのメンテナンスに対応可能
KYB、SHOWA、SOQI等の国産メーカーを始め、OHLINS、NITRON、WP、WILBERS、FG、SACHS等の海外メーカーなど多くのブランド製サスペンションのメンテナンスに対応できます。10年以上に渡りサスペンションメンテナンスを専業とし、専門店ならではのノウハウを蓄積したTechnixならではの高レベルのメンテナンスサービスが標準作業です。
リアショックメンテナンス作業    
spacer
spacer
spacer
d
リアショックフルメンテナンス時の標準交換部品
リアショックフルメンテナンスは、作業料、ショックオイル、オイルシール、ダストシール、シャフトブッシュ、ピストンリング、OリングSET等の消耗品とダンパーロッドの研磨を標準作業とした お得で確実なメンテナンスメニューです。(一部車種を除く)
<ご注意>
    上下取り付けに関わるブッシュ(ベアリング)類、シール類など外部部品は交換部品に含まれておりません。 交換をご希望の際には必ずその旨お申し出下さい。別途費用で交換を致します。(一部車種は交換不可) また、メンテナンスはダンパーの性能回復を求めるもので外観など「美観」はそのモノが持つもの以上にはなりませんので、予めご了承下さい。
     
spacer
spacer
PRICE LIST
rear モタード
リアショックフルメンテナンス ¥15,000(税抜)〜
(作業料、シール部品・ブッシュ部品・オイル等の消耗品、ダンパーロッド研磨等含む)
spacerサービス価格は、車種・状態等により異なります。国産4メーカー、外車、アフターマーケットパーツ等多くのメーカーに対応可能です。
spacer
order contactus

サスペンションメンテナンス専門店 有限会社Technix(テクニクス) U.S.A MX-TECH社 日本輸入代理店 ドイツ X-TRIG社 日本総輸入販売元
〒344‑0032 埼玉県春日部市備後東4‑5‑40 TEL : 048‑733‑9055 FAX : 048‑733‑9056 E-mail: shock@technix.jp 営業時間:平日・土曜日 午前9:00〜午後6:00 休業日:日曜・祭日・冬期/夏期休業・当社規定休業日(当WEBページNEWS欄でお伝えします)

Copy Light 2011 Technix 記載内容の無断転載・転用はお断りいたします。