spacer
title

HOME の中の WHAT'S TECHNIX_MX-TECH

foroffroad
  spacer
spacer
spacer
spacer
Technixが提携しているアメリカのサスペンションスペシャリスト「MX-TECH」。
d spacer
彼らとの出会いは、2002年に遡ります。今でこそ、多くのショップが存在しますが、当時の日本では今ほどサスペンションモデファイはメジャーではありませんでした。
それどころか、オーバーホールですら珍しかった頃だと記憶しています。
そんな中、産声を上げたばかりのTechnixに必要なことは、
その当時の日本には無い画期的な新たなサービスでした。
新たな知識、テクニックを求めアメリカ・シカゴに単身乗り込み、
MX-TECH創業者Jeremy Wilkey氏(写真センター)の下で
本場の最先端テクニックを修得。
それ以来、今まで毎年欠かすことなくMX-TECHへは足を運び常に進化する
アメリカモトクロス界の最新チューンを日本のライダーに供給。
今では、あらゆるプロジェクトで連携し、日本からの技術提供も積極的に行い、共同プロジェクトも度々行っています。
spacer
MX-TECHの最大の特徴は、サスペンション性能向上のための「アイデア」の豊富さ。
求めていることは、ロースピード域でのダンピングの安定性。トラクションの掛かりづらいセクションでもトラクションを発揮させるために、
過去には独自のピストンも開発。そして、ハイスピード域、特にフルボトム付近での踏ん張り感も重視しています。
SSBCV(スピード・センシティブ・ボトミング・コントロール・バルブ)は、そのアイデアの賜物です。
若いエンジニアならではの独創的な発想、そして卓越した技術はアメリカでも屈指のチューナーとして知られています。
またテクニクスリバルビングサービスでも同社のテクノロジーが惜しみなく投入され、
その画期的なチューニングは日本モトクロス界からも高い評価を獲得しています。
spacer
SSBCV(スピード・センシティブ・ボトミング・コントロール・バルブ)
d spacer
通常、ボトミングコントロール(底付き防止)は、オイルロックピースと
コーンによってポジション(ストローク量)だけでコントロールされます。
が、それに加えSSBCVは、シム式のバルブをボトミングコントロールに加え
ストロークスピードに応じてボトミングコントロールすることを可能にします。これにより、底付き感の大きな改善が図られます。
(CRF250/450、YZ250F/450F、KTMSXシリーズ に対応します。)

価格:¥25,200(税込)(シングルSSBCV) 作業料別
価格:¥47,250(税込)(デュアルSSBCV) 作業料別

 

ダートスポーツ誌2011年2月号にてインプレッションを行いました
PDFデータをご覧になれます。

spacer
spacer
spacer
contactus

サスペンションメンテナンス専門店 有限会社Technix(テクニクス) U.S.A MX-TECH社 日本輸入代理店 ドイツ X-TRIG社 日本総輸入販売元
〒344‑0032 埼玉県春日部市備後東4‑5‑40 TEL : 048‑733‑9055 FAX : 048‑733‑9056 E-mail: shock@technix.jp 営業時間:平日・土曜日 午前9:00〜午後6:00 休業日:日曜・祭日・冬期/夏期休業・当社規定休業日(当WEBページNEWS欄でお伝えします)

Copy Light 2011 Technix 記載内容の無断転載・転用はお断りいたします。