spacer
title

HOME の中の WHAT'S TECHNIX_PROFILE

foroffroad
  spacer
spacer
spacer
spacer
workarea
Technixは単にサスペンションのメンテナンスが出来るショップではありません。
アメリカMX-TECH社にて本場の技術を習得し、
ヨーロッパのサスペンションメーカーでサスペンションセオリー学んだ専門のスタッフが作業を行うプロフェッショナルショップです。
ハイパワー化されるエンジン。剛性が高まるフレーム。
それらを支えるサスペンションの役割は非常に高いものです。
しかし、スタンダードのショックは使用状況・体重・スキル・好みの違いなどが千差万別のライダーに合わせるために最大公約数的なセッティングとなり、個々のライダーに対して最大限のポテンシャルを発揮できているとは言えません。それぞれのライダーの要求に応えるサスペンションを作ろう。
それこそが、Technixを始めた原点であり、存在意義でもあると感じています。
Technixでは、サスペンションサービスに特化した専任メカニックがお客様のサスペンションを1本1本愛情込めてメンテナンス及びリバルビング作業等を行っております。また、当店の全てのサスペンションサービスにおいて、分解~洗浄~点検~組み上げに至る工程でTechnixならではのノウハウが随所に活かされています。
専門店ならではのショック専用のテスター「ショックダイノ」、エア抜きの為の最新機器「バキュームポンプ」を、洗浄の為に「大型超音波洗浄器」等を完備。
最新の専用機器そして多くの経験とノウハウを駆使した高いサービスが弊社のモットーです。
定期的なメンテナンスだけでも大きな変化が感じられます。自分の使うフィールドにサスペンションを合わせられれば、もっと乗りやすくなります。
ライダー目線で一緒にサスペンションを作り上げる。そんなショップを目指しています。
テクニクス代表 井上浩伸
spacer
d
spacer
workarea
2002年から約10年に渡りサスペンション一筋。Technixの誇りです。
2002年1月 サスペンションメンテナンス専門店Technixを春日部市樋堀で開業
2003年1月 アメリカMX-TECH社と技術提携 サスペンションサービスに新たな選択肢を与える。
2004年4月 春日部市藤塚にショップを移転
2005年3月 イギリス製ショックアブソーバーNITRON輸入販売開始。NITRONを日本で初めて紹介する。
2006年4月 春日部市永沼に自社ファクトリーを建設
2007年3月 NITRONの輸入販売権を株式会社ナイトロンジャパンに譲渡
2009年5月 ドイツ製トリプルクランプ「X-TRIG」の日本輸入販売元に。
2010年1月 イタリアTNK社とインナーチューブの販売契約を結び日本輸入販売元に
2011年6月 SKFフォークシールの日本輸入販売元に
spacer
workarea
全てのサービスは、専門の熟練スタッフが担当します。
有限会社テクニクス代表 井上浩伸
チーフメカニック 木村賢次
メカニック 飯田祐治
メカニック 土田夏樹
メカニック 堀田裕樹
spacer
spacer
spacer
contactus

サスペンションメンテナンス専門店 有限会社Technix(テクニクス) U.S.A MX-TECH社 日本輸入代理店 ドイツ X-TRIG社 日本総輸入販売元
〒344‑0032 埼玉県春日部市備後東4‑5‑40 TEL : 048‑733‑9055 FAX : 048‑733‑9056 E-mail: shock@technix.jp 営業時間:平日・土曜日 午前9:00〜午後6:00 休業日:日曜・祭日・冬期/夏期休業・当社規定休業日(当WEBページNEWS欄でお伝えします)

Copy Light 2011 Technix 記載内容の無断転載・転用はお断りいたします。